雪国植物園2

半月ほど前、新潟日報の投稿欄に、新潟や越後の地名の付いた、数少ない植物の保護の必要性を訴えた意見が載っていました、その中に、このエチゴルリンソウが絶滅危惧種であると知りました。雪国植物園にそのエツ後ルリンソウが可憐な花を見せていました。
エチゴルリンソウ
a0085114_21275144.jpg
a0085114_21281266.jpg
イワウチワ
a0085114_21284931.jpg
シュンラン
a0085114_21295497.jpg
ニリン草
a0085114_21303774.jpg
エンゴグサ
a0085114_21321265.jpg
昔は、どこの里山でも見られ、今はなかなか出会う事が難しくなった、これらの植物が、ここ雪国植物園では、大切に守られていました。画像クリックで拡大出来ます
[PR]
by iasano16 | 2013-04-26 21:40 | 風景 | Comments(8)
Commented by さつき、 at 2013-04-26 22:48 x
畦道さん 今晩は~
私は、雪国植物園まだ訪れた事ないのです。
話にはきいてましたがーーね″
ブルーの花、ルリンソウ、エンゴグサ 綺麗な花です〜ね。
可憐で色も綺麗ですね^^; 農作業これから忙しくなりますね。
ブログ綺麗に仕上げて素敵ですーーねぇ。
Commented by トパーズ at 2013-04-27 07:15 x
何故、絶滅危惧種に指定されるようになったのか、経緯は乱獲に
よるものでしょうか? こんな可憐な花をつける「エチゴルリンソウ」
植物園だけでなく、普通の山でもいつか見かけるようになって欲しい。
Commented by iasano16 at 2013-04-27 09:31
さつきさん ここは何時行っても感動します、今回も園長さんとお会いし、聞いたのですが、大きな木をところどころ切りながら全体のバランスをとり、背の低い植物の採光も考えているそうです。園長さんやボランテアの皆さんの思いが感じられる場所です。
Commented by iasano16 at 2013-04-27 09:48
トパーズさん そうですね、ひとつには乱獲、そして里山そのもの手入れがされず荒れ果て、雑木が茂りすぎ、採光も悪い等、環境の悪化もあります、昔の里山は、地元の住民の燃料として毎年、下草が刈り取られ、環境が自動的に保たれていました。其処には山野草、マツタケ等のキノコも沢山取れました、今は藪で入る事も出来ない山が多くなっています、あちこちで里山の再生が試みられていますが時間がかかるでしょうね。その意味でもここ雪国植物園は貴重な場所です。
Commented by みのり at 2013-04-27 11:15 x
エチゴルリンソウが絶滅危惧種!

そうなんですか?
残してほしいですね~~♪

*私のブログも覗いてね~~♪
Commented by トパーズ at 2013-05-03 03:39 x
再投稿です。
若い人が、都会へ出て行ってしまって、老人だけが
取り残されれば、当然手入れもおろそかにならざるを
得ませんね。一度壊された自然を取り戻すには長い
年月を’要します。国がもっと積極的に動いてくれればねぇ・・・・
Commented by iasano16 at 2013-05-03 21:33
トパーズさん 私の住んでいる平場でさえ、人口減少が止まりません、小、中学校も統合が繰り返されています、私の通った小学校も、私たちの頃は、一学年50人以上いましたが今は10人前後です、統合せざるを得ない状態です。
所で今日から田植えを始めました、気温が12度と寒い日でしたが、朝5時から、3ha程植えました、今年は外孫の観光応援(笑い)は無かったのですが、内孫二人が東京と北海道から帰り、手伝ってくれ、助かりました、写真撮影は拒否されアップできませんが、明日は早めに植え終わることが出来そうです。
手伝ってもらったわりには、疲れましたので、これから休みます、やっぱり年ですね、(苦笑い)。
Commented by トパーズ at 2013-05-03 23:51 x
田植えですか。もうそんな時期になったんですね。
お孫さんのお手伝いがあって、良かったですが、
気疲れもあったのでは? どうぞゆっくりお休み下さい。
<< オクラ作業開始 雪国植物園 >>