ドンバス(鬼蓮)

北限と言われる、福島潟のドンバス(鬼蓮)今見ごろを迎えました
a0085114_20593317.jpg
a0085114_20595982.jpg
新聞やテレビで↑こんな写真を見て、ここを訪れた人は花はどこにあるんですか?と言われます、
↓の花を、あれがドンバスですよと言うと、あまり小さな花でびっくり(がっかり)します、500mm位の望遠レンズで撮らないと
大きくは見えません、でもトゲトゲの大きな葉を突き破って咲く可憐な花は本当にきれいです
a0085114_21025996.jpg
a0085114_21032518.jpg
画像クリックで拡大できます
[PR]
by iasano16 | 2018-08-12 21:12 | 風景 | Comments(2)
Commented by レフア at 2018-08-12 21:55 x
初めて見ました
葉を突き破って出るってすごいですね
ちょっと恐ろしい花
でもすごい生命力
なにか神秘的な感じもしますね
花は小さくてもきれいですね~
Commented by iasano16 at 2018-08-13 10:59
レフアさんコメントありがとう、その名も「鬼蓮」で、葉も蕾もトゲトゲでですが、それには生き抜く為の知恵?が隠されています、葉は2m位になりますが厚みは薄く葉脈の間は膨らんでいますが、これは下から出てくる芽が滑らず、しかも蕾は先が尖り、葉を破りやすいようになっています、鬼の拳のような蕾も水面に出ると、あんなに可憐な花を咲かせ、受粉昆虫を呼び寄せ、受精が終わると花の下についているトゲトゲの部分で実をの熟すのを待ちます、自然はうまくできてますね。
<< 夕焼け 台風の朝焼け >>