春祭り

春祭りといっても、今から50年以上前の、天王須佐之男神社の春祭りで、御神楽舞殿で奉納された稚児舞です、小学校の4,5年生位の女の子5,6人が祭りの前になると先輩のお婆ちゃんから舞を習い神主の舞楽と共に、御神楽舞殿で披露したものです。昭和30年頃まで続いたでしょうか、今は神主の舞楽のみ拝殿で舞われています。今日氏子総代の引継ぎのためお宮の書類を整理していたらこの写真が出てきました、
a0085114_23474820.jpg
a0085114_23521964.jpg
a0085114_23531065.jpg
こんなに立派な台紙に張られていました
a0085114_2357076.jpg
写真の下にはこんなサインが、50年前のものとは思われないデザインです、
a0085114_0264385.jpg
でもこれを見るとやっぱり50年前ですねえ。
a0085114_0285792.jpg
画像クリックで拡大できます
[PR]
by iasano16 | 2010-02-13 00:30 | 天王須佐之男神社 | Comments(3)
Commented by bear73k at 2010-02-13 10:50
懐かしい写真ですね、春祭りはこの稚子舞が主役で、あれは誰、こっちは誰とか言いながら見ていたのを思い出します。
あ! おれが、私が映ってるなんてゆう人もいるんでは・・・

長谷川写真館は、新発田の学校へ通い始めたころ、在学証明書?に貼るために、撮って貰った覚えがあります。場所はもううろ覚えですが・・・

よく保存されてましたね。暮のデジカメ展示会の目玉ですね。
Commented by iasano16 at 2010-02-13 11:08
bear73kさん、神社で保管してあった木箱の中から出てきました、写真のほかにも、色んな資料が出てきましたので今整理していますが、あまり達筆で読めない物もあるので次の例会にでも持参し、皆さんのお知恵を拝借したいと思います。
Commented by sisobesige at 2010-02-13 17:55
氏子総代の集大成50年前懐かしい人達の顔、大体読み取れます
懐かしいのは私だけでは内でしょう、もっと大勢の人にも見て貰いたいしゃしんですね。
<< 冬晴れの福島潟 猛吹雪 >>