カテゴリ:茅葺屋根( 27 )

大内宿

秋の大内宿を訪れました
a0085114_21211311.jpg
a0085114_21220942.jpg
会津城下から下野の国(日光今町)までの会津西街道の宿場町として栄えたそうですが、その後国道121号が出来てから衰退していったが、1981年国の重要伝統的建造物に指定され、茅葺の寄棟造り建物が妻を道に面して並び、今は多くの観光客が訪れます
a0085114_21224238.jpg
画像クリックで拡大できます
[PR]
by iasano16 | 2017-10-26 21:39 | 茅葺屋根 | Comments(0)

重要文化財 旧佐藤家住宅

目黒邸から2km程登ると同じく国重要文化財 旧佐藤家住宅が有ります、元文3年(1736)に建てられ、豪雪地に多い中門造りという形式の民家です。
a0085114_22242044.jpg
a0085114_22414299.jpg
中に入ると炊事場には水が取り入れられ洗い物等が出来ます
a0085114_22415083.jpg
立派な梁やなげしが見えます
a0085114_22415895.jpg
客間には畳が敷かれていたが、居間には藁で織ったむしろが敷かれていました
我が家でも昭和20年代までは大晦日になると父が織った新しい藁むしろが敷かれ、座ると痛かったのが思い出されます。
a0085114_23022423.jpg
画像クリックで拡大できます
[PR]
by iasano16 | 2017-07-10 23:11 | 茅葺屋根 | Comments(0)

足利フラワーパーク、イルミネーション2

ファンタジックなイルミネーションが続きます
a0085114_9593620.jpg
a0085114_1002172.jpg
花の拡大
a0085114_1011675.jpg
a0085114_1013621.jpg
a0085114_101558.jpg
a0085114_1022552.jpg1時間半ほどイルミネーションを鑑賞しホテルに帰りました。翌日は東北新幹線乗りっぱなし、小山駅から新青森に行き1,5時間程買い物をして仙台で牛タンを食べ泊まる。翌朝仙台を発ち東京経由新潟に帰ってきました、総乗車距離2,449kmの4日間乗り放題の旅無事終了。画像クリックで拡大できます
[PR]
by iasano16 | 2017-02-07 10:25 | 茅葺屋根 | Comments(1)

足利フラワーパーク、イルミネーション

中央線で東京駅に着き、東北新幹線で栃木県の小山駅で両毛線高崎行きに乗り換え、足利駅に到着、チックイン後一休みしてから、足利駅から一駅戻り富田駅で下車、徒歩20分ほどでフラワーパークに着きました、電車はガラガラでしたが道路は大渋滞で私の歩行よりずっと遅れたようです。そては20時30分の帰りまで続いていました。まずはご覧ください
a0085114_21121156.jpg
a0085114_21131813.jpg
青色に見えろLSD藤棚に吊られた藤色のLSDですが写真に撮ると、青くなります、いくらホワイトバランスを調整しも藤色は出ません
a0085114_2114475.jpg
a0085114_21193894.jpg
a0085114_2120396.jpg
a0085114_21225850.jpg
後は明日アップします。画像クリックで拡大できます
[PR]
by iasano16 | 2017-02-05 21:25 | 茅葺屋根 | Comments(0)

4日間乗り放題

JR東日本4日間乗り放題切符で出かけました、殆どは同行の家内の、御朱印集めの付き合いでした、まずは柴又帝釈天、駅から懐かしい参道が続きます
a0085114_22103950.jpg
a0085114_2212178.jpg
大門
a0085114_22145588.jpg
拝殿前には立派な松の木があります
a0085114_22155975.jpg
また拝殿の周りのは彫刻が施されています。
a0085114_22201196.jpg
立派な庭園もありました、
a0085114_22271998.jpg
a0085114_22281517.jpg

まだ早朝だったため門前町の賑わいはまだでしたが、駅には寅さんのどうぞうもありました。
a0085114_22262162.jpg

[PR]
by iasano16 | 2017-02-02 22:29 | 茅葺屋根 | Comments(2)

九州の旅1

11月25日から4泊5日のツアーに参加しました
最初は湯布院、紅葉の綺麗な金鱗湖
a0085114_2144154.jpg
湖畔には、メルヘンチックな、土産店が並びます
a0085114_2173456.jpg
a0085114_2181270.jpg
翌朝8時にホテルを出て阿蘇中岳の火口に向かいました
a0085114_21111524.jpg
ロープウエーで上までは登れたが、風の向きが悪く、火山ガスの臭いが強く、火口までは行けませんでした
a0085114_21171747.jpg
次はいよいよ今回の旅で一番期待していた、神秘の峡谷高千穂峡
a0085114_21292024.jpg
期待どうり景観でした
a0085114_21253998.jpg
a0085114_21263794.jpg
次は次回
画像クリックで拡大できます
[PR]
by iasano16 | 2013-12-02 21:32 | 茅葺屋根 | Comments(2)

兵馬俑

最後の観光は、西安の兵馬俑です、以前から一度は見てみたいと思っていましたが、思いがかないました。
2200年前の、秦の始皇帝の陵墓に副葬された、地下近衛軍団で、1974年に一号坑が発見され、その後二号坑、三号坑が発見されたそうです。軍馬8,000点、木造戦車百余台が埋まっていたそうです。
一号坑
a0085114_18242166.jpg
数年前友人が行ったときは、内部の撮影は禁止されていたそうですが、今は撮影自由です、フラッシュ撮影は禁止ですが、
a0085114_1858294.jpg
a0085114_18585396.jpg
a0085114_199166.jpg
あらたに発掘を続けていくと同時に発掘調査の終わった物も保護のために、埋め戻されているものもあるそうです
a0085114_19135998.jpg

二号坑
a0085114_191536.jpg
此処には一号坑の兵士より、位の上の兵士が配置されているそうです。
a0085114_19184725.jpg

最後に食事をした土産物店で、兵馬俑の発見者の「楊志発さん」が日本語写真集を買うと、サインをし、写真を一緒に写ってくれるので、私も記念に一枚お願いしました。
a0085114_19273644.jpg
画像クリックで拡大出来ます
[PR]
by iasano16 | 2012-09-04 19:31 | 茅葺屋根 | Comments(4)

中国 黄龍.九寨溝絶景

以前NHKTVで紹介された、黄龍.九寨溝を見て、素晴らしい所があるものだなあと思っていたが、今回福島県のJAグループが、新潟空港からチャーター便でツアー企画している事を知り、仲間に入れてもらいました。
幸い天候にも恵まれ、素晴らしい景色を堪能して来ました。
黄龍一番高いところ(3、560m)にある「五彩池」
a0085114_15403795.jpg
ここから、立派に整備された木道を下りながら、↓のような風景が連続します
a0085114_15422887.jpg
a0085114_1543159.jpg

ただ富士山並みの高所のため、酸素不足に苦しみながら絶景を楽しみました
a0085114_15451714.jpg
a0085114_15441268.jpg
a0085114_15461570.jpg
画像クリックで拡大出来ます
[PR]
by iasano16 | 2012-08-29 16:01 | 茅葺屋根 | Comments(6)

長良川 鵜飼

旅の最後は長良川で鵜飼を見ながら、船で宴会。
乗船の前に鵜匠から鵜飼についての説明があります
a0085114_21204331.jpg
説明が終わり乗船、日が暮れるまでは船上で宴会、
a0085114_21275986.jpg
この弁当に、鮎焼き専用船で焼いた、鮎の塩焼きが配達されます
a0085114_21333579.jpg
いよいよ日が暮れ、アルコールも程よく回った頃、鵜飼い船がやってきました
a0085114_21374520.jpg
鵜飼の始まりです、風が強かったこともあり、篝火からは激しく火の粉が舞います
a0085114_2150678.jpg
a0085114_2151181.jpg
素晴らしい迫力の鵜飼を堪能しました。画像クリックで拡大出来ます
[PR]
by iasano16 | 2012-07-03 21:54 | 茅葺屋根 | Comments(3)

塩原温泉、「ゆびゆ」

年金の会の旅行で「日光東照宮」へいって来ました、出発が正午だったので、塩原温泉で前泊です。
塩原温泉は何度か通ったことはありましたが、宿泊は今回が初めてです、箒川添えに温泉街が続きますが、私の泊まったホテルは川の両岸に建ち、連絡橋で繋がっています、連絡橋からは滝が見え、夜にはライトアップされ風呂に入りながら見ることが出来ます
a0085114_6271030.jpg
a0085114_6283664.jpg
a0085114_6272710.jpg
翌朝5時におきて一人で温泉街を歩きました、朝の温泉街はあまり綺麗なものでは無いが、こんな看板が目に入りました、最後の字が隠れていますが、「えっ ゆびゆ」と書いてあります
a0085114_634975.jpg
足湯は最近ブームで、どこの温泉場でも見られますが、「指湯」とは?、、わたしの好奇心をくすぐりました、石段を下り河原に出ると、箒川添えに細い遊歩道があり、素晴らしい景観でした、其処にも又こんな案内が!
a0085114_6472424.jpg
ついに有りました、源泉ゆび湯が!もちろん入浴しました、人差し指一本を、、、
えっ効能ですか?二日酔いは一瞬にして直り、思わずにんまり一人笑い、何よりも心の中が暖かくなりました、効果絶大です(笑い)
a0085114_6554635.jpg
次回は箒川の絶景をアップします。
[PR]
by iasano16 | 2012-06-16 07:15 | 茅葺屋根 | Comments(2)