人気ブログランキング |

カテゴリ:天王須佐之男神社( 30 )

天王須佐之男神社、夏祭り宵宮

行こか行くまいか、天王祭り、行けば帰りにゃ雨が降る
こんな歌があるほど、雨祭りとして昔から有名ですが、昨日からの大雨で、大雨洪水警報が出て、県内でも被害が出ていますが今日は時々雨のやむ時間もあり夜には小雨から次第に雨もやみ何時もの人出が見られました
a0085114_22314734.jpg
巫女さんの舞(お神楽)が始まっています
a0085114_22315548.jpg
舞が終わると一人一人に頭上に鈴を鳴らし、そのあとに宮使えがお神酒とお札を渡して終了です
a0085114_22321955.jpg
祭りの出店の定番金魚すくい
a0085114_22324132.jpg
昔はおもちゃを売る店が中心でしたが、今は殆どが食べ物店です
a0085114_22330521.jpg
明日は本祭り、子供神輿もあります、晴れてくれればいいが?
a0085114_22334832.jpg
画像クリックで拡大できます
by iasano16 | 2017-07-04 22:49 | 天王須佐之男神社 | Comments(0)

天王様祭り、宵宮

7月4日は、天王様祭りと言われる、須佐之男神社の夏祭りの宵宮でした、雨祭り、としても有名ですが今年は天候にも恵まれ、100軒近い露天商と大勢の人出がありました
鳥居に向かいシャッターを切っていると、突然少年の顔が、彼曰く、写らなかったかな?モニターを見せ、ほら写っているよ、にっこり笑い有難う御座います、いまどき珍しく素直な少年です
a0085114_20112346.jpg
真剣なまなざしで何を見ているのでしょう
a0085114_2023298.jpg
a0085114_20241297.jpg
好天に恵まれ、参拝者の列は続きます
a0085114_2025554.jpg
画像クリックで拡大出来ます
by iasano16 | 2012-07-05 20:30 | 天王須佐之男神社 | Comments(6)

初詣

明けましておめでとうございます。今近くの天王須佐之男神社に行ってきました。
a0085114_151644.jpg
今年は雪も、風もなく、新潟では珍しい新年を、迎えることが出来ました、御焚き場の火もまっすぐに燃えあがっています。
a0085114_192156.jpg
a0085114_110159.jpg
今年一年は穏やかな年であるよう祈ってきました。
a0085114_1114283.jpg
画像クリックで拡大できます
by iasano16 | 2012-01-01 01:12 | 天王須佐之男神社 | Comments(2)

お腰掛け石の桜

天王須佐之男神社の御腰掛け石の玉垣内に昭和9年に植えられた山桜が、狭い玉垣では根が込みすぎ、2年前に玉垣を広げ、弱った木の枝の剪定や根の養生を行いましたが、今年は立派な花が咲きました。
a0085114_12433543.jpg
a0085114_1243160.jpg
山桜だそうですがソメイヨシノより3,4日開花が遅く、花色も薄ピンクで、大変綺麗です、何時もは天王神社の春祭りの、20日頃に見頃になるのですが、今年は5日くらい遅れました。
a0085114_1244207.jpg
a0085114_1244395.jpg
a0085114_12451813.jpg
画像クリックで拡大出来ます。
by iasano16 | 2011-04-28 12:53 | 天王須佐之男神社 | Comments(0)

天王様祭り

今日は恒例の天王様祭りの宵宮です、昨年までは氏子総代として神事のお手伝いをしていましたが、今年は一氏子として楽しんできました。
お宮に行く途中に子供たちの灯篭が
a0085114_21421888.jpg

100軒近い露店の並ぶ境内
a0085114_21433065.jpg
a0085114_21454692.jpg
a0085114_2146537.jpg

昔から夜店の定番ワタ飴屋
a0085114_21483093.jpg
a0085114_21521232.jpg

雨降り祭りで有名で、今夜も一時雨も少し当りましたが、人出も多く良い宵宮でした。
by iasano16 | 2010-07-04 21:56 | 天王須佐之男神社 | Comments(0)

春祭り宵宮

天王須佐之男神社の春祭りは20日、今日は宵宮です
a0085114_7442432.jpg
7月5日の夏祭りは近郷近在から多勢の参拝者でにぎわい、露店も100店舗近くに成りますが、今回は4店だけでした、今年は低温続きの春で、桜の開花が何時もより4,5日送れ、今が桜の見ごろの為、露店が、花見のところに行っているとかで特別少ないようでしたでした、綿飴屋は来て居ませんか?などと聞く人もいました。
a0085114_812724.jpg
a0085114_87343.jpg
それでも9時頃になっても「ポッポ焼き」(昔は「蒸気パン」と居ていたが何時から変わったのだろう)の前には行列が
a0085114_8143070.jpg

by iasano16 | 2010-04-20 08:15 | 天王須佐之男神社 | Comments(0)

春祭り

春祭りといっても、今から50年以上前の、天王須佐之男神社の春祭りで、御神楽舞殿で奉納された稚児舞です、小学校の4,5年生位の女の子5,6人が祭りの前になると先輩のお婆ちゃんから舞を習い神主の舞楽と共に、御神楽舞殿で披露したものです。昭和30年頃まで続いたでしょうか、今は神主の舞楽のみ拝殿で舞われています。今日氏子総代の引継ぎのためお宮の書類を整理していたらこの写真が出てきました、
a0085114_23474820.jpg
a0085114_23521964.jpg
a0085114_23531065.jpg
こんなに立派な台紙に張られていました
a0085114_2357076.jpg
写真の下にはこんなサインが、50年前のものとは思われないデザインです、
a0085114_0264385.jpg
でもこれを見るとやっぱり50年前ですねえ。
a0085114_0285792.jpg
画像クリックで拡大できます
by iasano16 | 2010-02-13 00:30 | 天王須佐之男神社 | Comments(3)

天王須佐之男神社社木伐採

今年も昨年に引き続き神社の社木の枝降ろしや不要木の伐採を行いました。
5人の総代が高所作業車、1台と4トンユニーク1台を借り今日1日で3、5トンを無事終了しました。
まずは舞殿裏の杉から
a0085114_21202848.jpg
電柱、電話線があり狭い場所を慎重に作業を進める
a0085114_21272763.jpg
上手くいきました
a0085114_2132281.jpg
次は昭忠碑裏の大藪退治
a0085114_21345185.jpg
a0085114_21353380.jpg
大木もこのとおり、見違えるように明るく成りました
a0085114_21374172.jpg
最後は櫛名田姫拝殿側の杉、松の整理
a0085114_2142042.jpg
a0085114_21431318.jpg
怪我も事故も無く17時無事全作業を終了、缶ビールとジュースで乾杯、ご苦労様でした。明日は体中が痛そう、、、私だけかな?
by iasano16 | 2009-05-29 21:57 | 天王須佐之男神社 | Comments(2)

舞楽

20日の大々講祭りには舞楽が奉納される、毎年見ているがそれがなんという舞なのか、何を意味するのか、まったく分らないまま今迄過ごしてきたが、今年は畠山宮司にお願いし、その由来や意味を説明してもらった。
由来 今から250年位前、新発田藩神職觸頭社家畠山丹波守義矩が藩内の神職伴い京都へ上洛、舞楽を伝授修得し新発田諏訪神社を中心に神職舞楽として継承されている。
それぞれの舞には神話や古事が元になっていて、天の岩戸で舞われたものとか須佐之男命が八岐の大蛇を退治したこと等が舞われている。
a0085114_15512132.jpg
a0085114_15515017.jpg
a0085114_1552152.jpg
a0085114_15523931.jpg
a0085114_16132070.jpg
a0085114_1614598.jpg
↑ の新散穀(アラサゴ)では新しく収穫された穀物(現在は神果)が撒かれる 
↓ はそれを拾う子供たち。
a0085114_16142875.jpg

by iasano16 | 2009-04-25 16:54 | 天王須佐之男神社 | Comments(3)

春祭り宵宮

天王須佐之男神社の春季大々講祭り始まる
今夜宵宮
a0085114_21412653.jpg
巫女さんによる代々かぐらもひとばんに7,8回も舞われます
a0085114_21481140.jpg
舞と舞の間には控えの間で宮司のアドバイスや先生の指導により素晴らしい舞として完成度を増していきます。
a0085114_21573990.jpg
a0085114_21582432.jpg
画像クリックで拡大できます
by iasano16 | 2009-04-20 22:01 | 天王須佐之男神社 | Comments(0)